HOME > 剥落防止仕上げのご提案 > 剥落防止工法

剥落防止工法

陶磁器タイルは剥落の危険性が高くなります。

地震国日本では、陶磁器タイルや自然石などは重量があることから、劣化と地震による大きな揺れなどにより、剥落の危険性が高いと言えます。 東日本大震災では、実際に多くのタイルが剥がれ落下するなどの被害が出ています。
また、国土交通省では、定期報告制度が改定され、10年を経てからの全面打診確認が義務付けられるようになりました。

剥落の危険性の極めて少ない、安全性の高い製品が求められます。

定期報告制度の改定や、安全に対する意識の高まりを受けて、 塗料などの建築仕上材には、より重要な役割が求められています。
塗料や軽量のシート建材であれば、剥がれや落下などの危険性が少なくなりますので、今後の需要増が見込まれます。

今、注目の陶磁器タイルや自然石に替わる製品・工法を紹介します。

ページのトップへ