• マンション塗り替えの基礎知識
  • メーカーとしてお手伝いできること
  • 製品採用実績

なぜ塗り替えが必要か?

新築時のマンションはすべてが新品。真新しく、汚れの無い壁や設備。そんなマンションに住んでいるという満足感、または外出から帰宅時、自分の住んでいるキレイなマンションの姿を眺めて、すがすがしい気分になる時もあるのではないでしょうか?

しかし、マンションは時間と共に建物の劣化や設備の不具合が生じてきます。これは避けることの出来ないことです。メンテナンスをせずに放置しておけば、いずれは住むことも、補修もできない、取り返しのつかない状態に陥ることもあります。こまめなメンテナンスで住環境を護り、資産価値の維持・向上につなげていきたいものです。

マンション塗り替えの場合、一般的に修繕周期は約10年(外壁の場合)といわれています。適切な時期に、適切な処理を行うことが建物を長持ちさせる秘訣です。さらに塗り替えでは、単に見た目をキレイにするだけではありません。建物を保護し、資産価値を向上させるという大きな役割があります。新築時から約10年の時を経て、塗り替え用塗料も進歩していることでしょう。以前より耐久性や付加価値の高い製品を用いることで、次の修繕周期を延ばすことも可能になってきました。資産価値を向上させることで、より良い住環境を手に入れることができます。また、賃貸や、やむを得ず売却をする際でも、高い評価を得る場合もあります。

エスケー化研では、劣化の程度やご要望に応じた最適な製品をご用意しています。お悩みの点がありましたら、気軽にご相談下さい。


ページのトップへ