• マンション塗り替えの基礎知識
  • メーカーとしてお手伝いできること
  • 製品採用実績

計画から完成まで

外壁の塗り替えのような大規模な修繕では、計画から完成まで時間がかかるため、長期修繕計画との連動が大切になってきます。ここでは、塗り替えの大まかな流れについて示します。修繕の必要性や目的を明確にし、円滑な運営を目指しましょう。

修繕委員会の設置

修繕に関わる業務が多くなるため、通常の理事会とは別に専門委員会をつくります。 委員選定の際は、さまざまな立場の人からバランス良く選出すると良いでしょう。

工事発注方式とコンサルタント(専門家)の選定

管理組合の主導で工事計画から工事監理まで一貫して行うのか、管理会社または設計事務所などとコンサルタント契約を結び、業務を委任するのかどうかを選定します。
管理組合の中に専門家がいれば別ですが、ほとんどの場合、第三者に監理を委託することになります。その際は、大規模修繕の実績や専門知識、折衝能力、コンサルタント費用などを見極めて契約すると良いでしょう。

劣化状況の調査・診断

具体的な修繕に向けて、マンションの現状を客観的に調査します。
専門家の調査とは別に、管理組合としても自分の目でマンションの状況を確認することが大切です。

修繕計画の策定

建物診断の結果から、修繕費用の概算がでてきます。修繕積立金の状況を考慮して、大規模修繕の時期や内容などを検討します。単に劣化部分の補修だけでなく、より良い住環境の向上のために、例えば色彩計画を取り入れたり、バリアフリー化、居住者の日ごろの不満解消なども検討すると良いでしょう。

施工会社の選定

数社から数十社の施工会社をリストアップし、各種内容を吟味し一社に絞り込みます。費用と品質の兼ね合いが一番の悩みどころかと思います。専門家の意見を参考にしながら、見極める必要があります。
またお金が絡むことですので、後々のトラブルを避けるためにも、施工会社選定までの経緯を明確にし、居住者への説明も十分にしておく必要があります。

工事の発注・着工

総会決議を経て正式な工事発注となります。各種契約書、計画書に不備が無いか確認を行います。工事中は、洗濯物が干せない、窓が開けられない、工事の音など、日常生活に支障がでてきます。掲示板などでわかりやすく、居住者へ事前に知らせておくことも必要です。

竣工・引渡し

竣工検査を経て引渡しとなります。検査の際に不具合が発見された場合は、施工会社にその不良箇所の改善を指示することになります。
すべての工事が終了後は、工事完了書類を受け取り、内容を理解しておく必要があります。また途中の追加工事費用などのを含めた、最終的な工事費用が確定しますので、問題が無いかどうか確認します。

維持管理

工事の内容を反映させ、長期修繕計画の見直しを行います。また定期的なアフターメンテナンス点検を実施し、管理していくことになります。新しく甦ったマンションは気持ちがいいものです。しかし維持管理をしっかり行わなければ、マンションの短命化にもつながります。今回の一連の経験を、日々の維持管理、そして次回の大規模修繕に活かすことが秘訣です。

ページのトップへ