• マンション塗り替えの基礎知識
  • メーカーとしてお手伝いできること
  • 製品採用実績

劣化下地補修

新築された建物も経年にわたる種々の影響を受け、気づかないうちに丈夫なコンクリートにひび割れが生じ、内部の鉄筋が腐食して覆りコンクリートを破壊したり、ひび割れから屋内への漏水につながることにもなりかねません。下地の劣化状況に応じて、適確な専門材料を用い、入念な処理を行なうことが改装・改修を成功させる第一の秘訣です。

参考までにいくつかの下地補修例を示します。

ひび割れ

漏水の危険がある場合は、ひび割れ部周辺をサンダーカットし、シーリング材を打設して防水を完全に行います。


サンダーカット


シーリング材打設


下地調整

浮き

モルタル等の剥落を防止する為、深部まで浸透するエポキシ樹脂を注入し、下地と一体化させます。


浮き部のマーク


注入孔


樹脂注入

鉄筋露出部

いわば「骨」に当たる鉄筋は、特殊材料で周囲を防錆処理し、緻密な材料を充填して元の状態に復元します。


鉄筋露出部


防錆処理


充填復帰

劣化シーリング材

劣化シーリング材は取り除き、優れた性能のシーリング材を新しく充填します。


シーリングの除去


新規打設


完成

ページのトップへ