• マンション塗り替えの基礎知識
  • メーカーとしてお手伝いできること
  • 製品採用実績

定期報告制度について

定期報告制度をご存知ですか?

建築基準法では、建築物の所有者、管理者又は占有者は、建築物・建築設備を適切な状態で維持保全し、定期的な調査・検査の結果を特定行政庁に報告することを義務付けています。これが「定期報告制度」と言われるものですが、近年相次いで、定期報告が適切に行われていなかったことが一因と思われる建築物や昇降機などの事故が多発したため、平成20年4月に建築基準法施行規則の一部を改正し、定期報告制度の運用が根本的に見直されました。

外装材に関わる主な改正点

マンションなどの特殊建築物については、外壁タイル、石貼り(乾式工法によるものは除く)、モルタル等の劣化及び損傷状況の調査方法が変更になりました。これにより、定期調査の際に異常があった場合は、落下により歩行者等に危害を加えるおそれのある部分については、全面打診等での調査が必要になりました。また異常がなくても、竣工、外壁改修等から10 年を経てから最初の調査の際に全面打診等による調査が必要になりました。

※外壁タイル等に剥離等があること、または著しい白華、ひび割れ、浮き等があること。

定期報告制度について詳しくは、 最寄りの特定行政庁にお問い合わせ下さい。

剥落防止仕上げのご提案

当社が推奨する塗料やシート建材は、剥落の危険性の極めて少ない、安全性の高い製品です。

地震国日本では、陶磁器タイルや自然石などは重量があることから、劣化と地震による大きな揺れなどにより、剥落の危険性が高いと言えます。塗装や軽量のシート建材であれば、そのような危険性を抑制することができます。当社では、安全でより一層、豪華に仕上げる工法として、次の製品・工法を推奨しています。

陶磁器タイル下地の改修

全面打診を伴う定期点検の際、あまり劣化が進んでない場合でも、目地部の劣化を抑制し、防水性を高める浸透性のクリヤー塗装を推奨します(タイルセラクリーン、SKKタイルフレッシュ工法)。外部からの水の浸入を防ぐことで目地からの中性化、エフロの発生を抑えることができます。これにより、次回の定期点検時の作業の効率化を図ることができます。
また著しい劣化の際、剥落防止を目的としてエポキシの注入や、セメント系フィラーを用いた全面下地処理、またはメッシュの施工を用いた補強工事を伴う場合は、軽量のシート建材や高い意匠性の自然石調塗材を推奨します( グラニピエーレ、ニューグラニエレガン)。

 

ページのトップへ