• マンション塗り替えの基礎知識
  • メーカーとしてお手伝いできること
  • 製品採用実績

建物の調査診断

調査診断もやさしく、わかりやすく解説。気軽に改装改修チェックできます。

改装・改修は単なる建物の化粧ではなく治療と考えます。つまり、建物は目に見えないところで様々な劣化が進行しますので、定期的に点検し、その対策を立てる必要があります。 建物調査は塗膜の劣化状態の分析から塗膜の付着強度試験、コンクリートの劣化度合を調べる中性化深度試験など専門的な目から建物の診断を行います。結果は調査報告書として作成し、ご報告させていただきます。調査は経験豊富なエスケー化研の専門スタッフにより実施させていただきますのでお気軽にご相談下さい。

目で見る

目視により部位別の劣化状況を詳細に確認し、写真を撮り、記録します。

コンクリートの劣化を調べる

コンクリートの中性化が進行すると、その中の鉄筋が腐食しやすくなります。コンクリートの一部を抜きとり中性化深度を測定し、その進行状況を把握します。抜きとったコア(塊)に特殊溶液を噴霧して赤変した部分の割合によって劣化の度合を調べます。

コンクリートの中性化

中性化が進むと、ひび割れの影響もあり、内部鉄筋の発錆や腐食につながります。この為、体積膨張によるコンクリートの破壊を招いてしまいます。

現状塗膜の検査

現状塗膜の下地への付着強度を計器で測定します。付着の強度が改装下地として適切かどうかの判断基準となります。現状塗膜が下地にしっかりと密着していないかと、その上から新たに塗装しても、現状塗膜からの浮きや剥れが生じやすく、現状塗膜を取り除く処理が必要となるため、大切な検査となります。

付着強度の測定

音を聞く

コンクリート躯体の上に塗られている保護モルタルの浮きの範囲をテストハンマーを用いて調査します。浮きはテストハンマーにより壁面を軽く叩き、その反響音で確認します。浮き範囲からは軽い音が響きます。


調査報告書の作成

現地での調査後、報告書としてまとめ、提出致します。部位別の劣化写真とともにその劣化状況をわかりやすくご説明し、その状態に応じた改装・改修仕様も同時にご提案します。

ページのトップへ